愛知県知多郡阿久比町の建築・不動産は株式会社倉建

見学予約フォーム資料請求

マイホーム資金調達を強力にサポートします

住宅ローンは金利が低い銀行で決まりですか?
 

「家が欲しい」 すべて自己資金(現金)で購入できればいいのですが、ほとんどの方が住宅ローンを考えます。
「金利が最も低い銀行で決まりだ!」そう思いますよね。でも実は・・・

    資金計画
  • 固定金利と変動金利、どちらを選び将来設計していくか。
  • 繰り上げ返済は、やりやすいか。
  • ローンの事務経費はいくらかかるか。
  • 自らの計画とローンの審査基準が、合った銀行はどこか。

他にも確認することが多くあります。

そして、土地有(住宅建築のみ)や建売購入の方は、住宅ローンは1件
土地購入後、住宅建築の方は、住宅ローンは、それぞれで行い2件
となります。
住宅ローンは原則、資金交付のタイミングが決まっています。
土地は所有権移転の時。住宅部分は建物完成の段階しか資金交付されません。
ところが、建築会社は建物完成時点の全額支払いでいいという会社はありません。
契約時の他、中間金などで何回かに分けて支払うことになります。
そういった場合の調達方法をどうするか。

実は、さまざまな検討すべき内容があるのです。
銀行に問い合わせることもよいでしょう。我々なら各事例からお答え出来ることも多くあります。

〈出来れば準備いただきたいもの〉

  • 源泉徴収票(最新)
  • 自己資金と毎月・ボーナス時に払える金額を考えておく
  • 現在、借入等がある場合は、内容のわかるもの

以上をお持ちいただくとスムーズです。何でもお気軽にお尋ねください。

ページの上部に戻る